私がこの仕事を選んだ理由 - 畠中 美希

釧路本院
0154-39-2589
施術時間
月・水9:30 ~ 18:00
火木金9:30 ~ 20:00
土日祝9:00 ~ 18:00
休店日
第2・第4・第5日曜日
ご予約方法
留守番電話で24時間受付けております。まずはお気軽にお電話ください。
TEL : 0154-39-2589
インターネットでご予約いただけます。お気軽にご利用ください。

※当日のご予約はお電話でお願いいたします。
TEL : 0154-39-2589
交通事故治療
交通事故による症状の治療は、自賠責保険適用により患者様ご負担0円です。
詳しくはこちらをクリックしてください。
講演・講座のご依頼
あんずの種では鍼灸・アロマ、東洋医学や健康に関する講演・講座のご依頼を受け付けております。こちらからご依頼ください。
おトクな情報
●バリューチケット
詳しくはこちら!
50,000円分39,000円
70,000円分55,000円
100,000円分77,000円

※こちらの価格は税込です。
facebook
畠中 美希 私の「将来の夢」経歴。
小学校3年生の時「ボランティアの人」。小学校・中学校の卒業アルバムには「獣医さん」
と書いてあり、高校2年生の時、偶然見たテレビに映った「動物の鍼灸師」に惹かれ、高校3年生の進路を選ぶときに「鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師」の道を選択。

 特にこれといった特技もなく、際立ってできるものもない私ですが「誰かの役に立ちたい」という思いから、鍼灸師を選びました。そして、高校3年生の秋頃、地元下関の隣、福岡で大きな地震があり、テレビに映る避難所の映像を見て、道具も場所も必要ない“あん摩”。いつどこで起きるか分からない災害そんな時に、少しでも「役に立つことができたら」との思いで、“鍼灸師”とともに“あん摩マッサージ指圧師”の道も選択しました。

 高校卒業後、香川県にある「四国医療専門学校」に入学。同じクラスの約3分の2が社会人経験をされ、新たな道として学ぶ方々でした。しかも、個性派揃い。今までとは違う雰囲気で、まるで海外にいるような気分でした。ついでに、授業もちんぷんかんぷんで外国にいるような感じで・・・。唯一の楽しみは、“あん摩”の時間。お互い交代でやり合うときは、脳みそも体も休めることのできる時間でした。
 学校の授業の内容に、最後まで頭がついていかなかったものの、国家試験無事に合格。
 
初めての就職先は、兵庫県淡路市の東浦平成病院・リハビリテーション科鍼灸部門でした。山と海に囲まれた、のどかな環境で、職場のスタッフにも恵まれぬくぬくと過ごしておりました。

就職して2年目。学生時代、先生のインドで毎年ボランティアの鍼灸治療の話しを聞いて以来、ずっと行きたかった「海外ボランティア鍼灸」に先輩に無理を言っていかせてもらいました。そこで目のあたりにしたのは『自分の未熟さ』。言葉も通じなければ、治療効果も満足にいかない。それでも両手を合わせて「ナマステ―」や「サンキュー」と言うインドの方々に、技術力はもとより人としての未熟さをひしひしと感じました。
 
そして、3年目の5月。その年の3月11日に東日本大震災があり、多くの方々が現地へ足を赴いておりました。私も、「何かできることはないか」と思い、「災害鍼灸ボランティアプロジェクト」に参加。ゴールデンウィークにあわせ、宮城県岩沼市へ。そこでも、『自分の無力さ』を感じました。意気込んでいったものの、正直、現地の方々とどう向き合えばいいのか、どう立ち振る舞えばいいのか、分からないことだらけで、自分はここにいていいものなのか、と思ってしまうこともありました。
その後も何度となく東北ボランティアに行きました。「何ができるか」ではなく「やるかやらないか」とりあえず、何ができるかはわからないものの、とにかく「行く」ということを続けました。鍼灸師としてだったり、ガレキ撤去のボランティアだったり。

そんなこんなを続けているときに、「ふと」自分の技術のなさを実感しました。病院勤務の時は、患者さんもスタッフも優しい方ばかりで、当時鍼灸師が自分1人だったため、ある意味で自由。が故に、現状満足で、ぬくぬくとした環境に浸っておりました。

「これではいかんっ!!」と、働きながら学べる場に身を置こうと決意。その時は、無性に「地平線」が見たいと思っていたので、「地平線」の見える場所=「北海道」が私の頭にあり、「北海道の鍼灸院」を調べていたところ「杏園堂」(現あんずの種)がヒット。ホームページからその雰囲気にグングン引き込まれ、実際に来てもスタッフや建物に引き込まれ、そして、今「働いて」おります。

日々ここではたくさんのことを学んでおります。
院長や加代さんから、スタッフや院長のお母様から、そして、患者様やお客様から、ここで過ごす全てのことが、必要で大切な事ばかりです。鍼灸師、アロマセラピストととしてはもちろん、それ以上に「人」として成長させてもらっています。

今の私の「将来の夢」は、『笑顔の種をまく人』。
誰かが笑っていると自分も嬉しくて。鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師、アロマセラピストとして、そして畠中美希として、もっと自分を磨いていくことが「夢」への道かなと思っております。

スタッフ紹介に戻る